blog

自分に「いいね!」押してますか?

更新日:

Facebookで他人の投稿に『いいね』などの評価ボタンがありますね。

その他のSNSでも同様ですが、

他人の投稿に「いいね」「♡マーク」などを押す事が習慣になっている人は多いのではないかと思います。

好評価の多い発信者の記事を見て、すごいな〜と私も思う時がありますが、

今回のブログのテーマ、自分に「いいね!」押してますか?のお話をします。

まず、「いいね!」の反対は

「だめね!」ですね。

人は顕在意識でわかる形で他者を評価しますが、無意識に自分自身も評価しています。

脳は褒められると、喜びます。人から褒められると嬉しいですよね。

でも自分で自分を褒めても、脳は喜びます。

自分で自分の出来ないところばかりを見つけて、

・「まただぁ〜」と落ち込んだり

・「何で出来ないんだ!」と自分を責めたり

などする思考のクセは、幼少期に出来上がるという説も提唱されてきており、「確かにそうだな」と皆さまもお気づきではないでしょうか。

「何で出来ないんだ!」回路

「何で出来ないんだ!」回路でいっぱいの頭の中

 

自分のことが嫌い・人と比べて出来ていない(仕事・運動など)

など常に考えてしまう人は、幼少期からそのクセをながーく持ち続けて凝り固めてきたかもしれません。

そういう方は、スマホで誰かに「いいね!」をするのもいいですが、

自分自身に「いいね!」と言ってみませんか?自分の出来ているところを褒めてみませんか?

言葉は、身体と繋がっている。思考は身体に影響を与えている。

私のセッションに取り入れている「筋肉反射テスト」を応用して、

・自分を褒めるような言葉=いいね言葉

・自分に「ダメだ」とジャッジする言葉=ダメね言葉

この2つの言葉を発したあとに起こる、身体への変化を体感することができます。

動画を撮ってみたので、よければこちらをご覧下さい。そして、是非真似してみてください😊

最初に

①「どうして私は出来ないんだろう」と3回言ってからテストすると

力は入らずすぐに手は離れていきます

次に

②「私はこんなに出来ている」と3回言ってからテストすると

力がしっかり入って手が離れないのが確認できました。

言葉ってすごいですね!ちゃんと身体に反応してますね!!

これは言葉として口に出す・出さない以前より、頭の中の思考だけでも身体に影響が出ています

頭の中で

「どうして私は出来ないんだろう」とばかり思っていたら?

それだけでも身体には影響はでます。脳と筋肉の調整機能に影響が出ている。

つまり神経系にも影響が出ている。

もう少し掘り下げて考えると、

神経系は痛みや痒みなどの感覚とも繋がってます。ということは…

と考えてみると、「心と身体は繋がっているってこういうことか!」とわかってきますね。

自分を褒める 具体的にどんな風に?

具体的には

①毎晩寝る前に今日一日で自分が出来たことをノートに書いてみる

例:今日も朝から晩まで仕事をやりきれた自分、えらい!・同僚に優しく声をかけられた自分、えらい!家の掃除ができた自分、すごいね〜 など

②ノートに書くのが面倒だったら言葉に出してみる・言葉にも出せないなら思い出してみる

・今日は仕事であんなことできたなー ・よくやったなー ・私、家事できてたね(できたところにフォーカスする)

※「◯◯が今日は出来なかった(泣)」と思わないで「やろうとした自分えらいな」と思う。

こんな事を毎日続けてみてください。

すると脳は いいね!回路が増えてスイッチも入りやすくなり、自分に自信も付いてきて

自分のいろんなパフォーマンスも上がってきます。

でもそんなのめんどくさい!という方は、RASセッションを受けてみてください!

思考回路は、自分にいいね!と自分で自分を承認する・許可を出す回路に変化していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

シェアしていただけると嬉しいです!

▼ ▼ ▼

-blog

Copyright© Eyecly , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.