RASセッションの流れ

※基本的にマンツーマンで行います。

1.セッションシート記入

セッションシートに下記をご記入いただきます。

・解決、解消したいこと
・問題となっていること
・不安に感じていること
・ストレスを感じていること
・ストレスを感じている人

など。

※内容を必要以上に詳しくお聞きすることはありませんので、忘れてしまいたいことや思い出したくないことを再体験したり、詳しくご説明いただいたりする必要はありません。

 

 

2.キネシオロジー(筋肉反射)テスト

キネシオロジー(筋肉反射)でYes・Noの反応を適切に取れるようテストを行います。

 

 

3.信じ込み(感情ストレス)の特定

キネシオロジー(筋肉反射)を使って、信じ込み一覧表からお悩みの根っこにある「信じ込み(感情ストレス)」を特定していきます。

 

 

4.信じ込み(感情ストレス)の解放

特定した信じ込み(感情ストレス)を、眼球筋運動と解放技術で、根こそぎ解放します。

 

 

5.身体からの宿題を受け取る

体からの宿題を確認します。

◯◯を食べない・食べる・お水を1日◯L飲む などクライアント様によって若干違います。

 

 

 

ご確認ください

「眼球筋運動」という目を動かす手法を使ってストレスを解放します。とにかく目を動かすので、目と脳が疲れます。

また、セッション中はお水をたくさん飲むことになります。RASセッションでは、脳からの電気信号による筋肉の動きを読み取っていくのですが、水分が足りないと、その筋肉の動きを適切に取ることができないからです。

セッション直前にご飯を食べ過ぎると、お水を飲むのがつらくなる方もいらっしゃいますので、お腹の中はなるべく少なめの状態で受けられることをおすすめしています。

更新日:

Copyright© Eyecly , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.