blog

潜在意識と信じ込みについて

更新日:

潜在意識とは何か?

潜在意識と言えば、図のように氷山で例えらることが多いかと思います。

人の意識を、北極の氷に例えて考えてみると・・・

「海面からの上の氷だけが人の意識だ」と思っていたら、実はそれは勘違いで(;´・ω・)

海水の下には、でっかい氷(潜在意識)があったんだ!?という理論です。

では次によく言われる顕在意識が◯%で潜在意識が◯%のお話や潜在意識の中はどうなっているのか?のお話に・・・

意識のうち、潜在意識は95% ほぼ潜在意識が占めている!

※諸説あります!

顕在意識と潜在意識の割合はこんな感じでしょうか。

意識のうち、潜在意識は95% ほぼ潜在意識が占めている!とうのは、

米カリフォルニア大学バークレー校 A・K・プラディープ博士やジョージア工科大学経営学部 ニール・マーティン博士などが提唱しています。

ということは我々が普段意識している

顕在意識は全体のたった5%だけ、ということになります。

人間の行動に影響力を与えているのは95%の潜在意識ということになります。

行動と潜在意識がほぼイコール。
「行動 ≒ 潜在意識」

人は行動して目の前に起こる現実を作っている。だから。。。

「現実 ≒ 潜在意識」とも考えることができます。

潜在意識を形成するものは次の要素だと考えています。

・本能

・様々な記憶

・過去体験から出来上がった思考・習慣・価値観・人格(約6歳までの経験が強く影響しています)

・自律神経の調整 など

脳と潜在意識の関係性

脳の部位で、潜在意識を働かせている部位は、科学的に証明されているわけではありませんが、原始脳と呼ばれる大脳辺縁系にあるという説が有力です。

大脳辺縁系の役割は

・感情 ・意欲 ・記憶 ・自律神経活動

に関与していると言われています。

脳の深い部位と潜在意識の関連性が高い。それを図にすると、

こんな感じになります。

ただ、心臓移植をした方が心臓提供者の方の記憶を鮮明に思い出すというケースも多々あり、

記憶は脳だけで保存しているという簡単な話ではないようです。

「信じ込み」は「氷の周囲にへばりついている海水」

最初にご説明します。潜在意識の話や「潜在意識より下」の話は、人間の脳で完璧に理解するのは難しいです・・・

「そうなんだー」「へえー」ぐらいな感じで聞いていただくのが良いのかな〜と思います。

「完璧に理解しないと!」と思ってしまうと「思考のアンバランス」からネガティブな感情が湧いてくると思います。

「信じ込み」を氷山の氷の図に合わせて、どうにかこうにか例えるなら、

「信じ込み」は、潜在意識(氷)の周囲だけをグルグル回っている「海水」です。

特徴は

・海水なので見えにくい 存在しているのか気づきにくい
・潜在意識(氷)の周囲に漂っていて潜在意識(氷)の形成に大きく影響している

この2点がポイントです。

「信じ込み」はその存在に気づきにくく、潜在意識の形成に大きく関係している。

「信じ込み」を手放すと「潜在意識→顕在意識」の順で変化していく

「信じ込み」をセッションによって解放すると、

まず潜在意識が変化します。思考や記憶、行動が変化します。

そして顕在意識でも、目の前の世界の見え方が変化してきます。

信じ込みを解放し、習慣や行動が変化された方で以下のような体験談も寄せられています。

ご興味持っていただけた方はお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

ココロとカラダが楽になるサロン Eyecly (アイクリー)

電話:080-8501-8738

※出れなかった際は折り返しますので、ご用件を留守電にお入れください。

※営業電話は一切お断りしております。

mail:info@eyecly.com

※お問い合わせフォームからもお問い合わせ可能です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

シェアしていただけると嬉しいです!

▼ ▼ ▼

-blog

Copyright© Eyecly , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.